ローソン、書店併設型店舗「マチの本屋さん」立ち上げ、日販と組む

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ローソンの書店併設型新ブランド「LAWSONマチの本屋さん」「ローソン狭山南入曽店」完成イメージ
埼玉県狭山市の店舗をリニューアルし、新ブランドの第1号として6月3日にオープンする

 ローソンは、出版取次大手の日本出版販売と組んで、書店併設型の新ブランド「LAWSONマチの本屋さん」を立ち上げる。第1号として6月3日、「ローソン狭山南入曽店」(埼玉県狭山市)を書店併設型にリニューアルオープンする。

 新ブランド1号店の店舗面積は281平方メートルで、うち書店部分は70平方メートル。店舗では弁当やおにぎり、デザート、飲料など通常のコンビニ商品に加えて、約9000タイトルの書籍・雑誌を取り扱う。

 新型コロナウイルスの影響による在宅時間の増加や地域書店の減少などを受け、ローソンの2021年2月期の書籍・文庫本などの売上高は、前期比約2割の増加となった。ローソンは現在、地域の書店と共同で書店併設型店舗を埼玉、神奈川、広島の3県で21店舗展開しているが、新ブランド店を含めて書店併設型店舗の出店を増やしていく。

 なお、ローソンでは書籍や文庫本などの品揃えを増やすために14年から専用の書籍什器の導入を開始、21年5月末時点で約5000店舗に設置している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media