「#ワークマン女子」吉祥寺店で得た“新たな客層”と百貨店出店の本当の狙いとは

2022/11/22 05:55
    中原海渡(ダイヤモンド・チェーンストア 編集部)
    Pocket

    ワークマン(群馬県/小濱英之社長)は、1014日に「#ワークマン女子(以下、ワークマン女子)」東急百貨店吉祥寺店をオープンした。百貨店への出店は初の試みとなるが、オープン後3日間の合計売上は歴代2位で、予算比181.7%を達成。非常に好調な出足で、併設の靴専門店「ワークマンシューズ」の売上も大きいという。同店で行われた新しい取り組みに加え、ワークマンの百貨店出店に込められた戦略的な狙いを解説したい。

    初日のレジ列は60分待ちの状態が5時間も続く

    ワークマン女子 東急百貨店吉祥寺店
    #ワークマン女子 東急百貨店吉祥寺店

     オープン当日は、開店から15分ほどで店内100人超に達し、それ以降の3日間は入店整理券を発行することに。また、レジ会計の待ち列60分待ちの状態が約5時間も続いたという。売れ行きは好調で、オープン後3日間の合計売上は、今年6月にオープンしたワークマン女子・池袋サンシャインシティアルパ店に次ぐ数字となった。

     見事な結果を残した吉祥寺店だが、百貨店への出店はワークマンとしては初となる。出店の理由として、「ワークマンのブランド価値をもう一つ上げていきたい」と狙いを話すのは、ワークマン新業態事業部 部長の島健太郎氏だ。

     「吉祥寺は人気の住宅街。20代から60代までのお客さまにご来店いただくことで、幅広い世代にワークマンを認知してもらいたい。また、吉祥寺は地価も高く、百貨店には年配の富裕層のお客さまも多くご来店される。若年層だけではなく、そうした方々もいらっしゃるお店として当社のブランド価値のさらなる上昇を期待している」(島氏)

     館側の東急百貨店としても、年配層だけではなく若年層にも来店してもらいたいという思惑があり、ワークマン女子に集客を期待してこの度の出店が実現した。

    1 2 3 4

    人気記事ランキング

    © 2022 by Diamond Retail Media