スパイス&ハーブ市場、前年の反動はあるものの堅調に推移 練りスパイス・シーズニングが牽引

山田陽美
Pocket

家庭での調理機会の増加で、需要が一気に拡大したスパイス市場。その反動で2021年は微減となったが、19年対比では確実に成長している。スパイスを使うことで料理がワンランクアップすることが浸透していることから、引き続き、継続購入につながるレシピ提案が求められている。

生鮮からの代替が進み、練りスパイスは好調が続く

 KSP-POSデータによると、スパイスの期間通算(2021年6月~22年5月)の金額PIは、6280円で対前年同期比0.1%減。月別金額PIを見ても大きく落としている月はないため堅調な推移といえる。コロナ禍による在宅時間の増加で、家庭で複数のスパイスを組み合わせた料理に挑戦する人が増えていることでスパイス市場は好調だ。

スパイス
パイスを使うことで料理がワンランクアップすることが浸透していることから、引き続き、継続購入につながるレシピ提案が求められている。(i-stock/coldsnowstorm)

 カテゴリー別に見ると、練りスパイスが好調をキープしており、期間通算の金額PIは3148円で同1.9%増となった。練りスパイスは、その利便性と保存性のよさから生鮮素材からの代替が進んでおり、定番の「わさび」や「しょうが」のほか、「にんにく」が急成長。マスク着用で、にんにくのにおいを気にせず使えるようになったことから使用が促進されている。とくに通常サイズの約4倍の大容量サイズの発売により、成長を加速させている。

 エスビー食品では練りスパイスのバラエティー化を進めており、とくに「きざみ」シリーズのラインアップを充実させている。この春は、辛さへの嗜好の多様化に対応して、粗切りによって粒立ちがしっかりした爽やかな辛さの「ハラペーニョ」を新発売。同社ではチューブ調味料のブランドサイト「チューバースタイル」を立ち上げ、チューブ調味料の活用を促進している。

1 2

関連記事ランキング

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態