カレー市場、時短・簡便・本格派がキーワード、こだわりの味わいを楽しむユーザーが増加

ライター:石山真紀
Pocket

家庭料理の定番として不動の地位を占めるカレー。コロナ禍以降、家でも本格的な味わいを楽しみたいというユーザーが増え、さまざまなタイプのルウが登場している。また簡便・時短につながるレトルトカレーも有名店監修など付加価値型の商品の動きが良くなっている。

パウダールウやスパイスカレー等、バリエーションも豊富に

 KSP-POSによると、2021年6月から22年5月のルウカレーカテゴリーの期間通算金額PIは前年同期比4.0%減の4400円、数量PIは4.2%減の22.94となった【図表1】。

 月別の推移を見ると、21年7月に10%以上の大幅減となったが、それ以外は1ケタ台の微減で推移し、22年2・3月についてはプラスで着地している。

カレー
コロナ禍以降、家でも本格的な味わいを楽しみたいというユーザーが増え、さまざまなタイプのルウが登場している(i-stock/kazoka30)

 カレーは大人から子供まで家族で楽しめる家庭料理の定番であり、気温など季節の影響を比較的受けづらいカテゴリーだが、気温が高くなる春から夏にかけて数値が上がりやすい傾向にある。

 ただしコロナ禍に入ってからは感染予防の観点から外食を避け自宅で食事を摂る機会が増えたこともあり、今期の金額PIを見ても、秋口に一度数字が下がったものの22年1月以降は夏場以上に高い水準を保っている。

 また、ルウカレーのマーケットは調理の手間や世帯人数の減少などを背景に近年レトルトカレーにシェアを奪われていたが、コロナ禍以降は時間的余裕ができたことでルウカレーを使った手作りカレーの価値が見直されている。

 ルウカレーは近年、スパイスカレーやキーマカレー、パウダータイプのルウなど新たな価値訴求の商品が出てきている。中でもエスビー食品の「本挽きカレー」は溶かしやすいパウダータイプのルウで好調に推移している。

 また、「スパイスカレーつくろ!」シリーズは短時間・少ない材料でスパイスカレーが作れる簡単調理キットとなっており、家でも本格的な味を楽しみたいという客層に向けて訴求している図表❶ルウカレーカテゴリーの金額PI月別推移

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media