発売以来、ネット通販で大ヒット!「のむシリカ(Qvou)」がいよいよ小売業界に本格進出

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

今、飲料市場において売れに売れている商品がある。その名は「のむシリカ」。霧島連山の麓、宮崎県小林市で採水されたナチュラルミネラルウオーターだ。2017年にインターネット通販でスタートしたところ、健康効果の高さから人気に火が付き、今や累計販売本数は5000万本以上。その勢いはとどまるところを知らない。ヒットの要因は何なのか。見えてきたのは、類いまれな商品力とマーケティング力だ。

高まる健康志向で注目のミネラルウオーター

 健康志向が高まるなか、飲料市場にもその影響が顕著に表れている。特定保健用食品や機能性表示食品を謳う飲料が次々と登場したり、カフェインや糖質を抑えた飲料がトレンドになったり。なかでも、人が生きていくうえで必要不可欠な“水”にこだわる生活者が増え、とくにミネラルウオーターへの関心が高まっている。実際、一般社団法人日本ミネラルウオーター協会の調査によると、国民1人当たりのミネラルウオーターの年間消費量は、2005年では14.4ℓだったのが、21年では35.4ℓと約2.5倍に拡大している。

 なぜこれほどまでに支持されるのか。その理由は、健康維持に欠かせないミネラルが含有されているからにほかならない。実は、ミネラルは体内で生成することができず、外から摂取する必要がある。そのため、食事からミネラルをとるわけだが、食事だけで1日に必要な摂取量を満たすには多くの量を伴ううえ、それらを毎日欠かさず食べ続けるのは難しい。サプリメントで摂取する方法もあるが、多大なコストがかかるほか、薬との飲み合わせの危険性などがある。だからこそ、手軽に効率よくミネラルを摂取できる“水”、すなわちミネラルウオーターに注目が集まっているのだ。

霧島連山の麓で採水された健康効果の高い天然水

「のむシリカ(Qvou)」
ナチュラルミネラルウオーター(無添加天然水)の「のむシリカ」。カルシウムとマグネシウムは2:1の黄金比率

 こうしたなか、2017年4月に発売されたのが、Qvou(キューボー)が手がける「のむシリカ」だ。その名のとおり、ミネラルの一種、シリカの含有量が驚くほど多い。一般に、1ℓ当たり50mg以上のシリカが含まれているものが、ミネラルウオーターとして良質といわれるなか、同商品は実に97mgを含有。しかも、人工的に添加したものではなく、自然の力によって生まれた“ナチュラルミネラルウオーター”だ。

 「日本ジオパークに認定されるほど、美しい自然が残されている霧島連山には、長い年月をかけてミネラルが溶け出した天然水が湧き出ています。その含有量は世界的にみても高く、これを採水したのが『のむシリカ』です」と話すのは、QvouのCEOを務める久保龍太郎氏。

 同社では、水脈から採水したものを隣接した工場で徹底した品質管理のもと、「のむシリカ」としてボトリング。水脈指定しているナチュラルミネラルウオーターは世界でも珍しい。

 二酸化ケイ素とも表現されるシリカは、体内で組織同士をつなぐ働きを担っており、肌ではコラーゲンやヒアルロン酸を、骨ではカルシウムとコラーゲンを結び付けて、肌や髪、爪の質を維持したり、骨密度を保つ効果を発揮する。また、有害物質や老廃物を排出するデトックス効果や抗酸化作用による老化予防のほか、腸内環境を整えることで免疫機能を上げるなど、さまざまな働きがあるといわれている。

 しかも、「のむシリカ」は疲労回復を促す炭酸水素イオンや代謝促進に効果のあるサルフェート、現代日本人に不足しがちなカルシウムなど多種多彩なミネラルを含んでいる。

 「『のむシリカ』の最大の魅力は、天然のミネラルが豊富に含まれていることに加え、その配合バランスが整っていることにあります。だからこそ、体内への吸収率が高く、飲みやすい。また、料理に使うと、おいしくなるのも『のむシリカ』ならではのメリット。料理の旨みが増すことは味覚センサーAIによる調査でも実証されています」(久保氏)

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media