店舗・ECにおける売上を最大化した製造小売業のマーケティング投資最適化の活用事例を公開!

Pocket

イメージ画像

昨今は、ECでの購買も定着し、実店舗との垣根がなくなり顧客の消費行動が変化している。例えば、事前にネットで商品を検討してからの実店舗での購入や、店頭で実際に商品を確認してからネットで購入というように購買までの行動は複雑化してきた。このような顧客行動の変化への対応策として、オンオフ統合マーケティング分析に基づく投資最適化をサポートするMMMツール「MAGELLAN(マゼラン)」が注目を集めている。

オンライン・オフライン問わず、マーケティング活動全体を共通指標で評価することが難しくなっている状況を受け、オンオフを統合した効果分析・購買までの経路把握に基づくマーケティング投資の最適化により、顧客体験を素早く最適化することが今まで以上に求められるようになっている。

マーケティング活動全体における投資最適化のためには、オンオフ横断した共通指標で費用対効果を評価することが重要だ。そのための手法として注目されているのがMMM(マーケティング・ミックス・モデリング)である。1950年代から、P&G・ネスレといったグローバル企業が取り入れている主流な分析手法だ。最近では、個人情報保護規制強化の流れを受け、従来Cookieによる効果分析を行っていたデジタル領域においても活用が進んでいる。

MMMの活用により、テレビCMをはじめとする定量的な分析が難しいオフライン施策や、カバレッジ・天候・季節性などの外部要因を含む、あらゆるマーケティング要素が売上に与える影響を可視化できる。さらに、各施策の直接効果だけでなく、波及効果を含めた把握が可能なため、Cookieレスにマーケティング活動全体のアトリビューション分析を行うことも可能だ。

マーケティング全体最適をサポートするMMMツール「MAGELLAN(マゼラン)」は、マーケティング活動全体の売上効果分析・最適化ができるツールとして、業種業態を問わず、200社以上が導入。リリースから約5年で大手企業を中心に導入実績において国内で圧倒的な支持を獲得している。

特別レポートでは、企業におけるMMMの活用実態や活用メリットに加え、MMMツール「MAGELLAN(マゼラン)」の機能や、顧客行動の変化に対応した柔軟なマーケティング投資により売上3%増に成功した製造小売業における活用事例を紹介している。

受付は終了しました

資料提供企業 : 株式会社サイカ

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media