クローガー、オカドと組んだ最初のフルフィルメントセンターが稼働!ウォルマートは自動運転車メーカーへの投資を決定

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

クローガー、最初のCFCが稼働

 米国スーパーマーケット(SM)最大手のクローガー(Kroger)は4月14日、カスタマー・フルフィルメント・センター(CFC)を開設したことを発表した。

 クローガーは2018年5月、英国のオカド(Ocado)が開発した食品EC運用システム「オカド・スマート・プラットフォーム(OSP)」の提供を受ける契約を締結し、米国内にOSPを利用したCFCを20施設設ける計画を発表した。同CFCはAIや最先端のロボット工学を用いることで高度に自動化されており、従来よりも効率的でシームレスなピッキングや配達機能を実現する仕組みが導入されている。

オカドの技術を導入したクローガーのCFCの様子
クローガーはオカドの仕組みを導入した最初のCFCを稼働させた

 OSPを活用した最初のCFCが開設されたのは、クローガーの本拠地である

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media