さまざまな飲食物とコーヒーが融合!コロナ禍で伸びるコーヒー消費量と新たな食文化とは

ファイゲンバーム裕香
Pocket

近年アメリカで消費量が増えているコーヒー。新型コロナウイルス感染拡大に伴う営業制限や自宅生活で、コーヒーショップが減少する一方、家庭用コーヒー市場が拡大している。しかも、単に家庭でコーヒーを飲む機会が増えているだけでなく、さまざまな商品にコーヒーフレーバーが使われるなど新しいコーヒートレンドが誕生している。

ステイホームで家庭内のコーヒー消費量が拡大。新たなコーヒー文化も誕生している
ステイホームで家庭内のコーヒー消費量が拡大。新たなコーヒー文化も誕生している

ミレニアル世代をターゲットにコーヒー業界が変化

 全米コーヒー協会(National Coffee Association)が発表した報告によると、アメリカの成人の64%が毎日1杯のコーヒーを飲んでいるという。近年、アメリカにおけるコーヒーの消費量は、年々増加しており、アメリカのコーヒー市場は、2017年から18年にかけて、3.8%上昇し、現在は約450億ドル(約4兆9000億円)の市場規模があると言われている。

 新型コロナウィルス(コロナ)の影響で、家庭外のコーヒー消費は減退している。世界的なロックダウンや隔離生活、営業制限などにより、多くのコーヒービジネスが閉じ、20年末にはアメリカだけで、コーヒーショップの数が約7.3%(約2,000店)減少し、11年以来初めての減少となった。

 その一方、自宅でコーヒーを楽しむ人が増えて、家庭用コーヒー市場が拡大している。コーヒーを自宅で作っている人が、17年には75%だったが、19年には79%となった。20年11月の市場調査会社ミンテルのリポートで、飲食部門副参事 Caleb Bryant氏は、「消費者は、自宅で自分のコーヒーを飲む方が安全で経済的ということがわかり、この傾向はコロナが落ち着いた後も、続く可能性がある」と述べている。

 近年、コーヒーの好みや味わいは、大きく変化してきており、業界は今日のコーヒー愛飲者が求めている多種多様なニーズを理解する必要がある。全米コーヒー協会は、特に若い世代の間で、コーヒーの人気が高まっていることから、コーヒー業界はミレニアル世代を対象にしたトレンドに合わせるよう変化している。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media