アルファベット傘下ウィング、ドローン宅配で初認可 米FAAから

2019/04/24 15:00
ロイター

商業用ドローン物流に絡み、米航空事業者としての認可を取得する初の企業となる。 写真はロイター

[ワシントン 23日 ロイター] – 米アルファベット傘下のウィング・アビエーションは23日、ドローンを使った宅配サービスを年内にバージニア州で開始する認可を米連邦航空局(FAA)から獲得した。

商業用ドローン物流に絡み、米航空事業者としての認可を取得する初の企業となる。

ウィングとFAAによると、宅配サービスはバージニア州ブラックスバーグで開始し、地元の企業などから商品を配達する。

FAAは、幅広いデータやオーストラリアで行われていた飛行試験の結果などから、ウィングのドローン物流が安全基準を十分に満たしていることが確認されたと説明した。

また、ウィングは試験的な食料品の宅配サービス開始に当たり、地元コミュニティーから意見を募るという。

ウィングはこのほど、豪キャンベラ北部で宅配サービスを開始。近く、欧州初のサービスをフィンランドで開始することも計画している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media