フードデリバリーのフードパンダがフードネコと統合し東京進出! 自社倉庫を活用した日用品配達も計画

2021/05/05 05:56
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸
Pocket

コロナ禍を契機に利用者が急速に増加しているフードデリバリーサービス。「出前館」など日系企業だけでなく、「ウーバーイーツ」をはじめ最近では外資系のサービスが次々と日本へ進出している。20209月に日本でサービスを開始した「フードパンダ(foodpanda)」は、地方都市を中心に展開エリアを急速に拡大しており、21428日から東京都の一部地域でサービスを開始すると発表。また、21年下期に自社倉庫を活用した日用品の配達サービスを立ち上げることも明らかにした。

日本での展開エリアを急速に拡大

  フードパンダは12年に設立されたシンガポール発のフードデリバリーサービスだ。現在はドイツの配達サービス企業のデリバリーヒーロー(Delivery Hero)傘下で、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、パキスタン、台湾、フィリピン、バングラデシュ、ラオス、カンボジア、ミャンマー、日本のアジア12の国と地域でサービスを展開。基本的に25分以内に配達を完了することを強みとしており、「バーガーキング」「サブウェイ」「魚民」など多くの小売チェーンが導入している。

フードパンダと提携している飲食店チェーン
フードパンダと提携している飲食店チェーン

 日本には209月に進出。神戸市や横浜市など6都市でサービスを開始し、その後急速に展開エリアを拡大。日本進出から1年も経たないうちに全国20都市でサービスを展開している。

 東京都でのサービス開始は428日から。展開エリアは渋谷区、新宿区、港区のほぼ全域と、千代田区、中央区の一部地域となっている。開始当初は最低注文金額やサービス料・配達手数料はなく、割引キャンペーンなども展開する予定だ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media