いなげや、本杉取締役が社長昇格、成瀬社長は代表権のない会長に就任

2020/01/29 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

いなげや
いなげやは1月28日、取締役の本杉吉員氏(55歳)が社長に昇格する人事を発表した。

 いなげやは1月28日、取締役の本杉吉員氏(55歳)が社長に昇格する人事を発表した。就任は4月1日。成瀬直人社長(67歳)は代表権のない取締役会長に就く。成瀬氏は2013年2月から社長を務めており、7年ぶりの社長交代となる。

 本杉氏は1986年にいなげやに入社。2011年執行役員、12年営業企画本部長、14年グループ人事本部長を経て、16年取締役に就任。その後、販売本部長、商品本部長を歴任後、19年10月から営業本部長を務めている。社長就任後も引き続き営業本部長を兼務する。

 いなげやは一部店舗の収益力の低下に伴い減損損失を計上したことなどから19年3月期決算で最終赤字に転落。20年3月期決算についても期初予想を下方修正し、営業利益は前期比34.2%減の15億円を見込むなど業績不振が続いている。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media