ABインベブ、アサヒグループホールディングスに豪事業売却 債務圧縮へ

2019/07/22 14:30
ロイター

アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)
7月19日、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は、豪子会社、カールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワリーズをアサヒグループホールディングスに160億豪ドル(113億ドル)で売却することで合意したと発表した。写真はルーヴェンで2月撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 19日 ロイター] – ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)は19日、豪子会社、カールトン・アンド・ユナイテッド・ブリュワリーズをアサヒグループホールディングスに160億豪ドル(113億ドル)で売却することで合意したと発表した。

2016年に英同業SABミラーを買収したABインベブは、巨額の債務を抱えている。

豪事業の売却は2020年第1・四半期に完了する予定。売却で得た資金の大部分は債務の圧縮に活用するとしている。

一方、今月、市場環境などを理由に先送りした、豪事業を含むアジア太平洋部門の新規株式公開(IPO)については、なお実施の機会を探っている。ABインベブは、「適正な価値」で実施できるのであれば、豪事業を除いたアジア太平洋部門のIPOには論拠があると引き続き信じていると表明。豪事業の売却は、域内および世界の成長市場への進出加速に寄与すると述べた。

ABインベブの純債務は2018年末時点で1025億ドル、利払い・税・償却前利益(EBITDA)に対する比率は4.6倍。同社は、EBITDAに対する比率を2020年末までに4倍に下げ、長期的には2倍とする目標を掲げている。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media