バイヤー必見!今行くべき専門店 進化形カクテル「ミクソロジー」の世界を知る

2022/09/23 05:55
「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員 有木 真理
Pocket

 ミクソロジーカクテルをご存じだろうか?英国が発祥と言われおり、ニューヨークやロンドンなど流行の発信地ではかつてから注目を浴びており、日本でも楽しめるお店が増えている。今、この“進化形カクテル”といっても過言ではないマーケットに注目している。

 「ミクソロジー」とは、混ぜる(MIX)と科学・学問を意味する(~OLOGY)を組み合わせた造語だ。ミクスロジストと言われる、ミクソロジーカクテルを作るバーテンダがそのクリエイティブな創造力を生かし、フレッシュなフルーツや野菜、本格的なリキュールを組み合わせてさまざまなドリンクを創り出していく。

 その魅力は、その鮮やかな見た目やカクテルのコンセプト、ストーリー、さらにはミクソロジストの存在にある。ミクソロジストが創り出すカクテルの1杯は、その「人」でなければ創り出せない。昨今はドリンクやカクテルにおいても多様な店やメニューが登場し、差別化が困難になっているなか、そこでしか味わえないという来店動機をつくることができる。コロナ禍で外食の真価が問われているなか、やはりその魅力は「人」との関わりにあることを実感させる。

 また、飲料シーンにおいては、多様化するマーケットのなかで、ノンアルコール商品にも注目したい。これら飲料マーケットの新たなトレンドから、流通小売業の飲料開発にも活かせるヒントを探っていきたい。

①第一人者・南雲主于三氏による
驚きの組み合わせ
「The Bar codename MIXOLOGY Akasaka」

東京都港区にある 「The Bar codename MIXOLOGY akasaka 」
東京都港区にある 「The Bar codename MIXOLOGY akasaka 」

 こちらは、日本におけるミクソロジーカクテルの第一人者である南雲主于三(なぐもしゅうぞう)氏の手がけるお店。
南雲氏が生み出す数々の1杯からは、クリエイティブな創造力だけではなく、その組み合わせを科学する技術もミクソロジーカクテルには必要であることが伺える。演出の組み合わせも驚きの連続で、カクテルなのにフォアグラ、チョコレート、ブルーチーズなどを組み合わせた1 杯 は 、 シグニチャーカクテルといっても過言ではない。

 自家製燻製などの料理も充実しており、料理とともに、ミクソロジーカクテルのサプライズを楽しんで欲しいお店だ。

ガストロショコラマティーニ。自家製のフォアグラウォッカとガナッシュを使用し、燻製したチョコレートマティーニ
ガストロショコラマティーニ。自家製のフォアグラウォッカとガナッシュを使用し、燻製したチョコレートマティーニ

店舗名   「The Bar codename MIXOLOGY akasaka 」
所在地   東京都港区赤坂 3- 14- 3 渡林赤坂ビル 2F
営業時間  18:00~26 :00、 土17:00~23:00
定休日   不定休

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media