マルエツ、食品・日用品約260品目を値下げ、商品は1カ月ごとに入れ替え

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

マルエツ
マルエツは2月16日から、食品・日用品約260品目を値下げする。 写真gettyimages/winhorse

 マルエツは2月16日から、食品・日用品約260品目を値下げする。メーカーの値上げが相次いでおり、今後、家計への負担が高まることが予想されることから、実用性の高い商品の価格を引き下げ、消費者の暮らしを応援する。

 季節性、話題性のある商品を特別価格で提供する販促企画「厳選特価」の商品約1000品目のうち、特に生活に欠かせない商品(約260品目)を「スペシャル厳選特価」としてさらに値下げする。日配食品、加工食品、日用雑貨を中心に、生鮮食品も一部取り揃える。

 スペシャル厳選特価の実施店舗は、マルエツの全302店舗(2月14日現在)のうち「マルエツ プチ」「リンコス」「魚悦糀谷店」を除く全店。対象商品は一部商品を除いて約1カ月ごとに入れ替える。

 第1弾として、食品では日本ハム「シャウエッセン 127g×2」(税別378円)、カゴメ「トマトケチャップ 500g」(148円)、雪印メグミルク「ナチュレ恵 400g」(128円)、秋田県産「あきたこまち 5kg」(1580円)などをラインアップする。日用品では、旭化成「サランラップミニ 22cm×50m」(258円)、花王「キュキュット 240ml」(98円)などを対象とする。

 マルエツではこのほかのお買得企画として、買上頻度の高い商品を対象とした通年企画「家計応援」(約460品目)、人気商品を3カ月または6カ月の期間限定で値下げする「コレ!いい値!」(約1万品目)を実施している。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media