オイシックス、保育に特化した求人・人材サービス会社と業務連携開始

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

オイシックスとアスカグループのロゴ
(画像)オイシックス・ラ・大地ニュースリリースより

 オイシックス・ラ・大地(東京都)は1月18日、保育に特化した求人・人材サービス会社のアスカ(群馬県)と業務連携を開始する。

 同社は保育園給食の食材購入や調理にかかる業務負荷軽減などの課題解決につながるサービスとして、保育施設向け給食サービス「すくすくOisix」を展開している。

 2021年の厚生労働省の公表によると、保育所の利用児童数は2025年にピークを迎え、その後ゆるやかに減少していくことが見込まれている。この少子化による、園の定員割れ問題は保育施設の収入減による経営悪化につながる恐れがあり、経営課題の解決が急務となっている。

 こういった背景から、同社は保育に特化した人材サービス会社として、保育士や栄養士・調理師をはじめとした給食調理の人手不足に対するサポートも行うアスカと業務連携を開始する。これにより保育施設の栄養士・調理員・保育士不足を採用・定着の両面から支援し、経営課題の解決をサポートをするという。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態