イオンモール 共同配送サービス、エリア拡大へ

Pocket

イオンモールの共同配送
(イオンモール ニュースリリースより)

 イオンモール(千葉県)は12月8日、2024年問題や燃料費の高騰など、物流に関するさまざまな課題に対処するため、実施している共同配送サービスの提供エリアを拡大した。

 このサービスは、物流問題への対応と、パートナーである専門店企業に価値提供することを目的として、2022年2月から近畿・東海エリアで提供が開始された。具体的には、専門店やメーカーの物流拠点からイオンモールや他社の商業施設、路面店などへの商品の集荷と配送を同社が担当し、集荷と配送の両方のプロセスにおいて効率化を図るというもの。

 今回、提供エリアを7エリア、24都道府県にまで拡大させ、2024年度中には配送エリアを全国に拡大する予定となっている。

 同社は今後も、専門店企業のパートナーとして、コスト削減と物流品質の向上を実現し、持続可能な物流網の構築に貢献していくという。

■イオンモール共同配送概要
・提供メニュー
① 店舗配送 :物流拠点から店舗への配送
② 店舗間配送 :店舗から店舗への配送
③ 返品配送 :店舗から物流拠点への配送
・営業日 :月曜日~土曜日(祝日含む)
・配送パートナー :浪速運送株式会社
・今後の計画 :2024年度中には配送エリアの全国化を予定。
・配送エリア :

イオンモールの共同配送サービス 配送エリア
(イオンモール ニュースリリースより)

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態