イオンモール 自律走行ロボットを活用した館内配送サービスの実証実験開始

Pocket

イオンモールの自律走行ロボットが白山店で配送をするイメージ
イオンモール白山での配送イメージ

 イオンモール(千葉県)とコンサルティング業などを手掛けるエリアカザン(東京都)は6月20日より、石川県白山市の「イオンモール白山」において、自律走行ロボットを活用した館内配送サービスの実証実験を開始した。

 同サービスは、専門店における人手不足が深刻化する中、省人化による従業員の生産性向上を目的に、店舗運営に必要な小型資材を載せた自律走行ロボットがLCIサービスを介してエレベーターやスイングドアと連携し、館内全フロアの隅々まで自動で物品を配送するもの。

 ロボットが人に代わって荷物を配送することにより、従業員は接客などの業務に注力でき、業務効率の改善、従業員満足度の向上を実現するとしている。

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態