ENEOS、ガソリンスタンドをラストワンマイルの配送拠点に 三菱商事と合弁で

Pocket

 ENEOSと三菱商事は、ガソリンスタンド(SS)をラストワンマイルの配送拠点として活用する新規事業を立ち上げる。両社が50%ずつ出資して新会社を設立、2023年度前半に実証サービスを開始する予定だ。

 EC(ネット通販)市場の拡大に伴い、消費者向けの宅配荷物量が増加しており、ラストワンマイルの配送効率化が、荷主にとっても、配送事業者にとっても大きな課題となっている。全国1万2000カ所を超えるENEOSのSSネットワークを荷物の一時保管および最終配送拠点として活用することで、配送の効率化を実現する。

 新会社Life Hub Network(仮称)を23年度前半に設立する予定だ。新会社はEC事業者や配送事業者、SSなどと共に23年度から実証サービスを始める。まず1都3県の100カ所のSSで実証を開始、25年度までに500〜1000カ所に拡大した後、26年度から本格的な事業化を目指す。

 ENEOSでは、SSは車両のスムーズな出入りを前提に設計されているため、「物流拠点に適している」としている。荷主や配送事業者はSSを拠点として活用することで、拠点整備にかかる費用を低減できる可能性がある。

 新会社では実証サービスで得たデータと知見をもとに、ラストワンマイル配送を担う事業者とのマッチングを行うアプリなど、配送ソリューションシステムも開発・提供していく計画だ。

エネオスと合弁会社(JV)によるSSを拠点とした配送ネットワークのイメージ
合弁会社(JV)によるSSを拠点とした配送ネットワークのイメージ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態