ヤンマー、東京・八重洲に「コメ」の魅力を発信する商業施設 複合ビル低層階に

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ヤンマーが東京駅八重洲口の駅前にオープンさせる複合施設「YANMAR TOKYO」館内イメージ
地下1階〜地上2階の商業ゾーンにコメの魅力を発信するレストランや物販店、ギャラリーなどが入る

 農業機械大手のヤンマーホールディングスは2023年1月13日、東京駅八重洲口の駅前に複合ビル「YANMAR TOKYO」をオープンする。低層階の商業ゾーンには、コメの魅力を発信するヤンマー直営のレストラン、ショップなど6店が出店する。

 YANMAR TOKYOは東京駅八重洲地下街と直結する地下3階・地上14階建て、延床面積約2万2000㎡の複合ビルで、3〜14階にはヤンマーグループなどのオフィスが入る。地下1階〜地上2階が店舗やギャラリー、イベントスペースで構成される商業ゾーンとなる。

 2階の複合店舗「「ヤンマーマルシェトーキョー(YANMAR MARCHÉ TOKYO)」には放送作家・脚本家の小山薫堂氏監修、有名イタリアンレストランのオーナーシェフである奥野義幸氏プロデュースのコメを楽しむレストラン「アステリスコ(ASTERISCO)」と、ANAグループのANA Xが企画・運営する全国の名産品を集めた「トチドチ(TOCHI-DOCHI)」が入る。

 クリエーティブディレクターの佐藤可士和氏がプロデュースする「ヤンマー米ギャラリー」では、来場者にサステナブルな「コメ」と「農業」について考えるきっかけを与える体験型コンテンツを発信する。

 その他の店舗については、後日発表する予定だ。

東京駅八重洲地下街と直結する「YANMAR TOKYO」の外観イメージ
八重洲地下街と直結する「YANMAR TOKYO」の外観イメージ

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態