ファミマ、飲料補充ロボットを300店舗に導入 作業分析システムも

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

ファミリーマートが導入する飲料補充ロボット
ロボットは人工知能によって自動制御され、バックヤードの狭いスペースを水平移動しながら補充陳列を行う

 ファミリーマートは、飲料補充ロボットを300店舗に導入する。飲料の冷蔵ケースの裏側のバックヤードで24時間稼働し、人に代わって補充陳列作業を行う。店舗の労働環境や採算性の改善につなげる。

 ロボット技術ベンチャーのTelexistence(テレイグジスタンス、東京都中央区)が開発したAI(人工知能)ロボット「TX SCARA」を8月から順次導入、配置店舗を増やしていく。導入店舗では作業負荷が大きい飲料補充業務を、すべてロボットに代替させることを目指す。

 ファミリーマートはこれまで、経済産業省内の店舗や大型物流施設内の店舗などで、TX SCARAによる飲料の補充を行い、ノウハウを蓄積してきた。TX SCARAは、AIによって自動制御され、バックヤードの狭いスペースを水平移動しながら補充陳列を行う。AIは店舗の販売実績データを学習することで、時間帯や季節によって変化する売れ筋に合わせ、最適なタイミングで補充作業を行う。

 また、テレイグジスタンスが開発した店舗作業分析システム「TX Work Analytics」も併せて導入する。店舗従業員が位置情報の発信機を装着し、店内に設置された受信機で位置データを認識、時間帯ごとの作業時間を可視化・分析する。これにより、店舗業務の一部をロボットが担うことを前提とした作業スケジュールの作成と人員配置を進める。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media