アマゾン、三菱商事と再生可能エネルギー購入契約

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アマゾンのロゴ
アマゾンジャパン(東京都目黒区)は9月8日、三菱商事と再生可能エネルギーの購入契約を結んだと発表した。写真は、同社のロゴ。2018年8月8日にフランス・ボーブで撮影。(2021年 ロイター/Pascal Rossignol)

 アマゾンジャパン(東京都目黒区)は9月8日、三菱商事と再生可能エネルギーの購入契約を結んだと発表した。首都圏と東北で現在開発中の450カ所以上の太陽光発電施設から、電力を調達する。

 太陽光発電施設は、太陽光発電システムの施工・販売を行うウエストホールディングスと三菱商事が建設、2022年から23年にかけて順次稼働する予定だ。合計の年間発電容量は、原子力発電所約2基分に相当する年間22メガワットとなる見込み。

 アマゾンは、三菱商事の電力小売事業子会社であるMCリテールエナジーと、電力会社を通さない直接契約「コーポレートPPA(電力購入契約)」を結んだ。主にクラウド事業部門であるアマゾンウェブサービスのデータセンターなどで、再エネを利用する見込みだ。

 アマゾンでは、30年までに全世界の事業を100%再エネで運営する目標を掲げている。欧州では、三菱商事子会社のEneco(エネコ)とオランダの洋上風力発電施設から電力を調達するコーポレートPPAを締結している。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media