ZOZOのコーディネートアプリ「WEAR」ソーシャルコマース機能追加のねらいとは?

2022/09/06 05:54
小内三奈
Pocket

ファッションが好きで積極的に着こなしを発信する人と、ファッションをどう着こなせばよいかと悩む人を結び付けるファッションSNSと言えば、ZOZO(千葉県/澤田宏太郎 代表取締役社長兼CEO)が運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」だ。

その「WEAR」が今夏、アプリ上からファッションアイテムを簡単に出品・購入できるソーシャルコマース機能を追加した。アパレル業界では各社ともサステナビリティへの対応を加速させる中、「WEAR」ユーザーのクローゼットの中をうまく循環させようという新たなサステナブルファッションへの取り組みに挑戦する。「WEAR」に込める想い、今後目指す姿などについて、ZOZO ブランドソリューションプロダクト戦略部 ディレクターの福岡明彦氏に話を聞いた。

人、コーディネートを軸に、新しい購買体験を提供するファッションSNS

WEARの購入画面
WEARの購入画面

 2013年にZOZOがスタートしたファッションコーディネートアプリ「WEAR」は、ファッション好きなユーザーがお気に入りのコーディネートを投稿し、ファッション初心者の「どういうコーディネートをしたらよいか」「どういう着こなしをすればよいのか」といった悩みを解決するなどリアルなコーディネートから、最新トレ ンドや洋服の着こなし方法がわかるファッションに特化したSNSである。

 2022年6月末時点で、アプリダウンロード数は1600万件を超え、1300万件以上のコーディネートが投稿されている。中でもファッションに悩みをもつユーザーが参考にしているのが、WEAR内のインフルエンサー的立場である「WEARISTA(ウェアリスタ)」の着こなしだ。WEAR公認のファッショニスタとして活躍するウェアリスタには、WEARで人気になった一般ユーザーだけでなく、モデルやデザイナー・タレントといった各界著名人も参加。センスの高いスタイリングやトレンドを取り入れたコーディネートは、多くの人の着こなしのお手本となっている。

 WEARが広まるにつれてユーザーから上がってきたのが、「投稿者が着ている洋服を着てみたい」という声だ。一方、ウェアリスタをはじめとする投稿者側からも「大切に着てくれる人に洋服を譲っていきたい」という声も届いていた。

 ファッション特化型のSNSという機能だけでなく、投稿者の着用アイテムを手軽に出品、購入できるフリマ機能があれば、コーディネート、人(投稿者と閲覧者)を軸にした新しい購買体験を作り出せるのではないか。さらに、サステナブルファッションにも貢献できるのではないか。このようなねらいから、ユーザーの声をきっかけとして、新たにソーシャルコマース機能が付加されることになった。

 WEARが目指すのは、洋服への愛情が伝わる取引である。

 「洋服をただ『もの』として売買するのではなく、どのような想いで購入し、どのような気持ちで着用していたのかという『想い』や『ストーリー』をつなげていきたい、というのが私たちの考え。同時に、クローゼットに溜まっていく洋服をうまく循環させることで、サステナブルなファッションの在り方を広げていきたいと思っている」(福岡氏)

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media