チャットボットにライブコマース…ECの将来に影響するトレンドを解説!

山中 理惠 (Rokt 日本代表)
Pocket

この2年、パンデミックはデジタルトランスフォーメーション(DX)の波を引き起こし、消費者行動を変え、ビジネスに新たな課題をもたらしました。ECは爆発的に成長し、わずか90日で10年分の成長がみられました。世界のEC売上は4兆ドルに到達し、今後も年率30%の成長が継続すると予想されています。今回は、ECの将来に関わるトレンドを、市場・消費者・技術の観点から展望してみます。

CrispyPork/istock
CrispyPork/istock

モバイルユーザーが大幅に増加

米国ではECの普及率が急速に伸長している
米国ではECの普及率が急速に伸長している

 1995年にアマゾン(Amazon.com)がオンラインでの書籍販売事業を開始して以来、EC市場は絶えず変化してきました。パンデミック以降の市場の変化に関するトレンドは以下の3つです。

 EC化の進展:経済活動が減速するなか、新型コロナウイルスはECの急増とデジタル変革の加速をもたらしました。世界的に見ても、ECの普及率は現在の15%から2025年には25%に増加すると予測されています。

 モバイルユーザー:消費者はこれまで以上に携帯電話に時間を費やすようになり、その結果米国におけるモバイルECの売上は2020年で31.5%2021年で28.8%増加、EC全体の54%を占めています。すべてのEC事業がモバイルフレンドリーであり、モバイルUX(顧客体験)とモバイル決済オプションに投資することが不可欠です。

 B2Bにおけるバーチャル技術:対面の販売チャネルが閉鎖されるなか、B2Bの購入者の75%が対面よりオンラインでの購入を好むという調査結果があります。この傾向が続くなか、B2B向けECではCRM(顧客関係管理)やAIを活用したリモートでの販売をサポートする技術への投資を進めており、トレンドとして把握しておく必要があります。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media