ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年11月20日

【LINE Pay】
月間取引件数が1000万件突破、流通総額は550億円相当

 LINE Pay(ラインペイ、東京都新宿区)は11月17日、無料対話アプリ「LINE」上で展開するモバイル決済サービス「LINE Pay」の月間取引件数が10月末時点で1000万件を突破したと発表した。

 

 LINE Payは2014年12月に日本でサービスを開始、15年から海外展開に乗りだし、17年2月には国内外を含めて登録ユーザーが1000万に到達、その後成長を加速し、11月にはユーザー数が4000万を突破した。日本、台湾、タイの3ヵ国で特に伸びているという。

 

 LINE Payは、カードやスマートフォンでの決済や個人間の送金に利用されており、その取引件数が10月に1000万件を超えた。月間の流通総額は日本円で550億円相当、今年に入ってからの累計流通総額は3000億円となっている。

 

 日本ではローソン全店のレジや、セブン-イレブンの店舗を中心に設置されているセブン銀行ATMなどからLINE Payのアカウントに残高をチャージ(入金)することができ、11通貨への外貨両替も可能だ。

 

 10月にはツルハホールディングスが「ツルハドラッグ」などグループ全店でLINE Payによる決済サービスを導入したほか、ロフトも18年3月までに55店舗で導入する予定だ。

 

フラッシュニュース〈経営〉

Special topics