「リモートマネジメント」の手法を導入し店舗内のコミュニケーション不足と情報伝達の負荷を解消!

Pocket

メガスポーツ(川口前川店)

「ノートに手書き」から「はたLuck®」へシフト
店長とスタッフの情報共有負荷を一気に解消したメガスポーツ

コロナ禍で激変する市場環境に対応すべく、今まさに小売店などの店舗サービス業はテクノロジーを活用して、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することが求められている。

多くの企業で、新型コロナ感染防止のためにSV(スーパーバイザー)の臨店業務を絞ったり、一部制限したりしている。このような背景から、臨店しなくてもオンライン上で、各店舗の状況を把握したり、現場と密にコミュニケーションをとることで、より現場の生産性改善を促す「リモートマネジメント」へのニーズが高まっている。

リモートマネジメントを推進するうえで求められるのが、スマートフォンを用いた店舗従業員との情報共有だ。たとえば、これまでのようにマニュアルや引継ぎノートなど紙媒体を通じたアナログな情報共有を、デジタルデバイスを活用して一斉に行うことで店舗業務の効率化を進めることが可能になる。

ナレッジ・マーチャントワークスが提供する「はたLuck®」は、店舗のリモートマネジメントを推進するための店舗DX支援アプリだ。店舗サービス業に特化したアプリで、店舗内での従業員への情報伝達や従業員間のコミュニケーション促進、シフト作成の効率化、マニュアル動画閲覧、エンゲージメント改善などを1つのアプリで完結できることが特徴だ。しかも、従業員が所有するスマートフォンを中心としたデジタルデバイスを活用できるため、低コストで導入することができる。従業員のスマートフォンには、画像やテキストデータを保存できなかったり、権限設定による情報開示の制限など業務情報の情報漏洩対策も施されており、シャドーIT対策としても活用できる点が導入企業から支持される理由の1つだ。

店舗DXが急務となっている今、1つのアプリで店舗のDX化を実現できるツールとして、「はたLuck ®」を導入する企業が増えている。今回はスポーツ用品専門店「スポーツオーソリティ」を主軸に店舗展開する株式会社メガスポーツの導入事例レポートを紹介する。港北ニュータウン店の須貝大店長は「特に店長とスタッフが時間を作って、良いことや改善点などのフィードバックやコミュニケーションをすることが重要なのですが、照れくさかったり忙しかったりで結局できていないことが多いんです。そんな時、『はたLuck®』は店長とスタッフ間の距離をグッと縮めてくれる機能が詰まっている」と導入効果を語っている。是非ともレポートをご覧いただきたい。

レポートのダウンロードはこちらから

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media