年間40万時間の発注作業を一気に半減 ライフ全店で導入のAI自動発注システムの実力とは

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府/岩崎高治社長:以下ライフ)は1月19日、日本ユニシス(東京都/平岡昭良社長)と共同で開発したAI需要予測による自動発注システム「AI-Order Foresight」を導入、2021年2月までにライフ全店で稼働を開始すると発表した。AI自動発注導入の効果や、今後の展開などについて、ライフ コーポレート統括担当課長の岸本裕之氏に話を聞いた。

ライフロゴ

日配品の需要予測が難しい理由

 ライフは発注作業に要する膨大な時間を削減するため、かねてより自動発注の拡大を検討してきた。実は2011年から既に、グロサリーのみを対象とした自動発注システムを使用していたが、このシステムは「商品が一つ売れたら一つ発注する」というようなシンプルな造りで、発注作業の難易度が高い日配品には応用できなかったという。

 日配品の発注の難しさの一つは、賞味期限の短さにある。グロサリーのように賞味期限が長いものであれば、多少在庫が余剰になったとしても問題ないが、数日〜1週間程度の賞味期限の商品が多い日配品ではそうもいかない。発注量の読み違えが損失に直結しやすいのだ。また、日配品の需要は気温や天候、季節、イベントなどの影響を受けやすい。加えて、たとえば同じ豆腐でも「商品Aが割引されているから、商品Bは売れ行きが悪くなるかもしれない」といった予測の織り込みや、「なんとなくいつもよりこの商品が売れているような気がする」という従業員個人の“肌感”が重要になってくる。

 こういった不確定な要素や複数の要素を勘案する“需要予測”機能を持つ自動発注システムは、日常的な調整を行うために統計などに関する専門的な知識が必須で、全店で広く導入することは非現実的だったという。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media