フェズ 「広告×販促×店頭」が連動する逆算型OMOプラットフォーム 『Urumo OMO』で小売業のDXを推進

2020/10/30 12:01
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

 小売業界のDXを推進するフェズ(本社:東京都、代表取締役:伊丹順平)は、小売及びメーカーの「セールスリフト(小売及びメーカーの売上要素を向上させること)」を実現させる逆算型OMOプラットフォーム『Urumo OMO』の提供を開始した。
『Urumo OMO』は、小売業界においてオンラインデータに加え、オフラインにおける実店舗の購買データや位置データ、店頭データから逆算し、小売及びメーカーの「セールスリフト」をワンストップで実現させる逆算型OMOプラットフォーム。

『Urumo OMO』コンセプトマップ
『Urumo OMO』コンセプトマップ (※クリックで拡大)

『Urumo OMO』サービスサイト

従来の認知やリーチを重視するマスマーケティングの手法に対し、『Urumo OMO』では購買データや位置データ、店頭データに基づき、小売業界に精通した独自の分析ロジックを構築し、小売業の効果的なマーケティング戦略の策定を支援して購買・来店効率最大化を実現する。

従来、小売店舗の売場づくりにおける販促では、主にテレビ広告をベースにしたメーカー商品の「ブランドリフト」を軸に展開されていたが、テレビで広告が流れるタイミングに合わせた売場づくりが実現しにくく、投資対効果の見えにくい販促施策が課題となっていた。

こうした効果が不透明なブランドリフトの課題を、データに基づく「セールスリフト」をテーマに広告・販促施策効果の可視化・最適化が可能なプラットフォーム『Urumo OMO』によって、実現することが難しかったオフラインでの購買行動を捉え、新規顧客への来店・購買促進や既存顧客へのアップセルを狙った購買促進を、「広告 × 販促 × 店頭」を連動させ消費者接点の全体最適化を図ることにより実現する。

さらに、誰がいつどんな広告を見て何を買ったか、現場の誰もが使えるデジタル分析の仕組みを構築することで、小売業の消費者への適切な情報、売場提供を支援し、消費者の行動を正確に捉える仕組みと売場を繋ぎ、小売業のバイヤーの意思決定を連動させることを目指していく。

今後、フェズでは、小売業の実店舗での売上が向上するビジネスモデルを作り、小売・メーカーがwin-winとなるプラットフォームの強化を続け、小売業の収益性を向上させるDX推進を強力に支援していく方針。

株式会社フェズについて

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media