京王電鉄、下北沢駅高架下に商業施設「ミカン下北」、22年3月開業

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

京王電鉄がシミ北沢駅高架下に開業する「ミカン下北」完成イメージ(E街区の外観イメージ)
AからEの5つの街区で構成され、「TSUTAYA BOOKSTORE」やシェアオフィスなど20店舗が出店する(画像はE街区の外観イメージ)

 京王電鉄は2022年3月、東京都世田谷区の下北沢駅高架下に商業施設「ミカン下北」を開業する。リモートワークなどに使えるシェアラウンジを併設した書店「TSUTAYA BOOKSTORE」など20店舗が出店する予定だ。

 ミカン下北はAからEの5つの街区に分かれており、建物は地上2〜5階建て。合計の延床面積は約5310㎡となっている。C街区の駐輪場は19年3月に開業済みで、店舗・オフィス・駐輪場が入るB街区は22年夏に開業する。

 A街区には下北沢で人気の古着専門店「東洋百貨店」の2号店、E街区には下北沢発祥の眼鏡ブランド「Zoff」や世田谷区立図書館の蔵書の貸し出しや返却ができる「図書館カウンター」などが入る。

 そのほか、個人単位で利用できるコワーキングスペースや10人以下で使えるスモールオフィス、会議室などを備えたシェアオフィス、飲食店なども出店する。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media