千葉の人気ローカルスーパー、ナリタヤの「次世代型店舗」とは!?

2019/08/26 05:00
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

千葉県内で14店舗の食品スーパー(SM)を展開するナリタヤ(菊川一平社長)は726日、同県旭市に「カメリアモール ナリタヤ旭萬力店」(以下、旭萬力店)を開業した。店舗面積は同社最大の約21502で、ナリタヤが「次世代型」と位置づける店舗だ。

カメリアモールナリタヤ旭萬力店
カメリアモールナリタヤ旭萬力店

イートインスペースにバイオーダー式のカフェを初導入!

 旭萬力店は、JR総武本線「干潟」駅からクルマで約5分、広域農道と県道が交わる交差点の一角にある。同日開業の近隣型ショッピングセンター「カメリアモール」への出店だ。旭萬力店はナリタヤが「次世代型」と位置づける店舗で、入念な市場調査の結果を基に商圏に最適な売場づくり、品揃えを行っている。

 具体的には、同店の周辺に「スーパーセンタートライアル旭川口店」や「タイヨービッグハウス旭店」などディスカウント系の競合店があるため、価格ではなく価値を打ち出した商品政策を導入することで差別化を図った。ここからは、旭萬力店で初導入した取り組みを写真とともに解説したい。

初導入のバイオーダー式カフェ「Café de TSUBAKI」
初導入のバイオーダー式カフェ「Café de TSUBAKI」

 まず、メーン出入口そばのイートインコーナーに初導入したのが、バイオーダー式のカフェ「Café de TSUBAKI」だ。朝710時のモーニングメニューでは、おにぎりやサンドイッチ、サラダや淹れたてのコーヒーなどを提供。1018時のグランドメニューでは、有機トマトソースを使ったパスタや、精肉売場で販売している千葉県産の「北総豚」を使用したカツカレー、新鮮なネタを使った海鮮丼など、素材とおいしさにこだわった料理を取り揃えた。

 また、イートインを地域コミュニティのための場所と位置づけ、メニューだけでなく居心地の良い空間づくりにも注力した。レンガ調の落ち着いた雰囲気の内装に加え、音楽も売場とは異なるものを使用。ピアノを基調とするゆったりした楽曲を流し、リラックスできる場所をつくりあげた。

イートイン奥にあるキッチンスペース「キッチンスタジオCamellia(カメリア)」
イートイン奥にあるキッチンスペース「キッチンスタジオCamellia(カメリア)」

 さらに、イートイン奥にはキッチンを備えた料理スペース「キッチンスタジオCamellia(カメリア)」を設置した。ここでは、気軽に参加できるイベントとして、料理教室やソムリエによるワイン講習会などを定期的に開催する。また、毎月第2・第4水曜日を「地域コミュニティの日」とし、イートインスペースを地域の集まりや小規模のパーティーなどに使える場所として提供する。地域交流のための場所として貸し出すことで、地域密着に磨きをかける考えだ。

次のページは
価値ある商品を売場全体で提案

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media