”尖り”がないからこそ要注目!? ライフの新店「ビエラ蒔田店」の売場を解説!

2022/10/27 05:56
雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

ライフコーポレーション(大阪府)は10月20日、神奈川県横浜市南区に「ライフビエラ蒔田(まいた)店」をオープンした。首都圏に広く店舗を展開する同社だが、蒔田店周辺の自社店舗は最も近い店で約8㎞離れており、店舗空白地への出店。最新の新店MD(商品政策)を取り入れ、マーケットシェア拡大を図る。※文中の価格は本体価格

店舗空白エリアへ満を持しての出店

ライフビエラ蒔田店
横浜市内の複合施設内にオープンした「ライフビエラ蒔田店」

 蒔田店が位置するのは、横浜市営地下鉄ブルーライン「蒔田」駅から約200m、旧南区総合庁舎跡地に開業した複合施設「VIERRA蒔田」の1階。売場面積は約1700㎡、約1万9000SKUを取り扱う。

 店舗から半径1㎞圏内には2万6474世帯/5万1061人が居住。少人数世帯の割合が比較的高いが、年代別では大きな偏りはなく幅広い年代層が住む。

 競合店としては「横濱屋蒔田店」「マルエツ井土ヶ谷店」「FUJI横浜南店」「サミット井土ヶ谷店」などがあり競争は激しい。一方で自社店舗は最も近い「大口店」で約8km離れており、蒔田店周辺はライフにとっては店舗空白地の1つだった。そのため「ライフの認知度は(既存の出店エリアと比較して)高いとは言えない」(広報)という。

 こうした商圏特性を踏まえ、蒔田店では最新の新店MDを導入しながら幅広い年代層のニーズに即した品揃えを追求。とくに、事前のアンケートで要望の多かった鮮魚と精肉の売場づくりに力を入れた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media