”尖り”がないからこそ要注目!? ライフの新店「ビエラ蒔田店」の売場を解説!

2022/10/27 05:56
雪元 史章 (ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長)
Pocket

総菜売場は「鉄板メニュー」「おにぎり・弁当」を訴求

 総菜売場は、売場と調理スペースがガラスなど遮るものなく融合したような開放感あふれる雰囲気が特徴。とくに、売場に面して設置された大きな鉄板での調理作業がシズル感を演出する。

 商品面でもこの鉄板で焼き上げられたメニューが目玉になっており、鮭の切り身が大胆に乗っかった「鉄板鮭チャーハン」(598円)や「焼きそば」(298円)などがボリューミーに陳列されていた。

鉄板で焼き上げるメニューの中でもとくに目を引くのが「鉄板鮭チャーハン」
鉄板で焼き上げるメニューの中でもとくに目を引くのが「鉄板鮭チャーハン」

 また、近くの川沿いが桜の名所であるなど行楽需要も一定数見込まれることから、おにぎりや弁当の品揃えも充実。おかずとおにぎりがセットになった「おにぎりプレート」は洋風・中華の2種類を展開(各498円)するほか、3種以上の具材を使った「おにぎりサンド」も「紅鮭玉子」「ランチョンミート」(各298円)など複数のメニューを揃える。

ピクニックなどにぴったりな「おにぎりプレート」
ピクニックなどにぴったりな「おにぎりプレート」

 弁当では厚切りの魚の切り身を盛り込んだボリューム感たっぷりの焼き魚弁当を訴求。「三陸産さば塩焼き弁当」「縞ほっけ塩焼き弁当」(各698円)などが並んでいた。

尖った要素がないからこそ問われる真価

 このほか蒔田店では、ライフの自然派PB「ビオラル」のコーナーを軸に、食品売場の各所でナチュラル・オーガニック商品を展開。青果売場でも有機野菜を多く取り扱うほか、神奈川県産の地場野菜もコーナー展開し安心・安全を訴求している。

 また、加工食品のゴンドラエンドでは、北海道のアンテナショップ「どさんこプラザ」の人気商品を集積。期間限定の取り組みだが、今後定番化することも検討しているという。

 蒔田店はこれらの取り組みにより、年商27億円の達成をめざす。広報担当者は「商圏特性も売場づくりも、何かずば抜けた特徴があるわけではない」と話すが、だからこそライフの真価が問われることになるともいえるだろう。ましてや店舗空白地への出店、周辺には有力な競合店がひしめくという状況。ライフの最新MDが地元住民に支持され、マーケットシェアを高めることができるか。”尖った要素”がないからこそ、注目に値する店である。

 

 

記事執筆者

雪元 史章 / ダイヤモンド・チェーンストア 副編集長

上智大学外国語学部(スペイン語専攻)卒業後、運輸・交通系の出版社を経て2016年ダイヤモンド・フリードマン社(現 ダイヤモンド・リテイルメディア)入社。企業特集(直近では大創産業、トライアルカンパニー、コスモス薬品など)、エリア調査・ストアコンパリゾン、海外小売市場などを主に担当。趣味は無計画な旅行、サウナ、キャンプ。好きな食べ物はケバブとスペイン料理。全都道府県を2回以上訪問済み。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media