ロピア新長田店レポート! 価格比較で浮き彫りとなったロピアの安さ

矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/高木勇輔代表)にとって関西10店舗目となる兵庫県神戸市に「ロピア新長田店」(以下、新長田店)が5月17日にオープンした。前編では同店の青果・鮮魚・総菜売場をレポートした。後編では精肉や加工食品、酒類売場をレポートするとともに、商圏の競合状況を確認し、近隣の競合店との価格比較からロピアの価格政策を見てみたい。
調査日:6月5~7日 ※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア アスタ国塚
ロピア新長田店の外観

恐るべき販売力の精肉売場

 精肉売場は牛肉・鶏肉は店内加工、豚肉はセンター納品が基本とする、既存店と同じスタイルで、右サイド壁面24尺で牛肉の焼肉、ブロックなど、正面壁面57尺で牛肉ステーキ、豚肉、ひき肉を配置する。

 調査日はチラシで「みなもと牛まるごと大特売!!」と銘打ち、ロピアオリジナルの「みなもと牛」の「サーロインステーキ用」「切り落とし焼肉用」(各100g398円)で提供。豚肉では、オリジナル三元豚の「ロース切り落とし」(100g99円)、鶏肉では「桜島どり」の「手羽先特大パック」(100g39円)など競合店を圧倒する低価格で提供する。牛

 全体的に堅実な商品構成で、調査日は15時過ぎには売場全体が品薄状態となっており、閉店間際にはほとんどの商品が品切れだった。競合店にとっては恐るべき販売力である。

早くも“関西の空気”に慣れ?

 続いて日配売場。関西進出したばかりの頃は麺や納豆、ヨーグルト、チーズなど日配で強烈な価格訴求を展開することが多かったが、直近の新店ではそうした目玉商品は少なくなった印象だ。冷凍食品もロピア新店ではおなじみの「一律6割引きセール」ではなく、個々の商品を5割~6割引きで提供しているようだ。

 加工食品、菓子、酒類は適切なフェースアップがなされており、欠品も少なく、気配りのきいた適切な売場管理がなされているようだ。価格政策では、売れ筋を中心にEDLP(エブリデイ・ロープライス)で志向していると思われる。

 商品面では「京都ヨドバシ店」(京都府京都市)で導入した韓国食材コーナーは設置していたが、同じく京都ヨドバシ店で始めたクラフトビールコーナーは導入していなかった。非食品は品揃えを売れ筋に絞り込んでラインナップしていた。

 2020年9月の関西進出から約1年8カ月が経過し、10店舗体制となったこともあって、“関西の空気”に慣れてきたのだろうか、新長田店の売場にはどこか落ち着きを感じた。どの部門も力が入りすぎておらず、ロピア本来の強さがストレートに表現できている売場であるように思う。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media