ニューノーマル時代の小売業 パラダイムシフト 消費行動の変化で求められるデータ分析・活用戦略とは

2020/10/08 17:10

新型コロナウイルスによる影響がかつてない規模でグローバル市場に広がっている。小売各社は「withコロナ」「afterコロナ」の環境下で業績のレジリエンス(回復力)向上のための取り組みに着手しているが、小売業界はこれまでに経験したことのない異次元の競争環境に突入したといえるだろう。消費者の行動や価値観が大きく変化していく中で生まれるニューノーマル(新しい常態)が拡大し、パラダイムシフトが起きる時代変化の中で、小売業はリテールテクノロジーを駆使したDX(デジタルトランスフォーメーション)による事業変革のスピードをさらに上げながら新たな成長戦略を描く必要がある。消費者の購買行動の変化を正確に把握したり、データを分析・活用して需要を予測したりすることで、ニューノーマルな消費環境に対応していくことが求められているのである。

 2020年7月に開催した「DCSオンライン カンファレンス」では、小売業に求められる戦略の再構築と成長戦略ビジョン、具体的な取り組みについて、米国小売業界の注目企業の事例や、日本におけるEコマースやネットスーパーの最新動向を通して紹介している。

各プログラムの詳細

下記画像リンクから、各プログラムの詳細をご覧いただけます。

株式会社 ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局 副部長 デジタルマーケティング戦略室 室長 小平田 康寛 リテールストラテジスト 平山幸江 SAS Institute Japan株式会社 ソリューション統括本部 コンシューマーインダストリーソリューショングループ マネージャー 井上 義成 氏 SAS Institute Japan株式会社 ソリューション統括本部 Advanced Analytics COE グループマネージャー 庄子 楽 氏 株式会社イー・ロジット代表取締役 兼 チーフコンサルタント 角井亮一氏

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media