酒税改正でどうなるビール?新ジャンル増税でイオンPB、鮮やかな妙手とは

宮川耕平(日本食糧新聞社)
Pocket

10月の酒税改正で、ビール類では新ジャンル(第3のビール)の税率が上がり、発泡酒と並びます。最終的に発泡酒と新ジャンルの価格差がどうなるかはまだ見えませんが、新ジャンルの割合が高いスーパーの売場には一大事となるはずです。影響はNBにとどまらず、ほとんどが新ジャンルで商品化している小売のPBにも及びます。家庭用の新ジャンル市場にどんな変化が起こるのか? 先行きを垣間見せてくれるのは、先手を打ったイオングループのPBかもしれません。

発泡酒に生まれ変わったイオングループのPB「バーリアルグラン」
発泡酒に生まれ変わったイオングループのPB「バーリアルグラン」

最安値の新ジャンルから、
新ジャンル価格の発泡酒にスイッチ

 イオンは3月の時点で、新ジャンルとして商品化していた「バーリアル」を、発泡酒の「バーリアルグラン」に刷新しました。本体価格は350ml缶で30円の上昇ですから、思い切った決断です。

 さらに驚いたことに、このバーリアルグランが発売3ヶ月で5000万本を突破、販売ペースが旧バーリアルの2倍だというのです。味わいの評価が高く、価値と価格のバランスが支持されていると聞きました。それはそうなのでしょうけど、しかし、売価が4割近くも上がって、売れ行きが2倍になるなんて・・・・。「おいしくなった」くらいで、そんなことが起こり得るのかと思いました。これがインフレの世界かと、個人的には衝撃でした。

 とはいえ、何か納得のいく説明はないものかと探していると、イオンリテールの店頭価格は、バーリアルグランと新ジャンルのNBが同価格ではないですか! 新ジャンルと同じ値段で買える発泡酒。これは価格優位性を発揮しそうです。

 新ジャンルの最安値だったバーリアルから、新ジャンル価格で買える発泡酒のバーリアルグランへ。このポジションチェンジが躍進につながったと仮定すれば、鮮やかな一手ではないでしょうか。まして10月以降、NB新ジャンルは値上げ確定ですから、税率が動かない発泡酒の魅力は一段と高まるはずです。

1 2

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態