ハイポネックスジャパンが2021年春に向けて3ブランドを新たに投入!「失敗しない・手軽」がキーコンセプト

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

ハイポネックスジャパンは、2021年春商戦に向けて「プランティア」「ブリリアントガーデン」「今日から野菜」の3ブランドを新たに展開する。コロナ禍でガーデニングに関心を持つ人が増えるなか、「失敗しない」「手軽」をキーコンセプトに新たなラインアップで市場を深耕する。

ガーデニング イメージ
i-stock/Liliboas

園芸ビギナーに向けたまくだけでよく育つ肥料

ハイポネックスジャパン「Plantia花と野菜と果実の肥料」
「はじめて植物を育てる人に」がコンセプトの「Plantia花と野菜と果実の肥料」

 今年春以降、新型コロナウイルスの感染拡大により、外出を控え、家庭で過ごす時間を重視する人が増えている。これに伴い、拡大する「巣ごもり需要」の1つとしてガーデニングへの注目度が高まりを見せている。

 「とくに20歳代後半から40歳代前半の比較的若い年齢層の方が、家庭菜園やガーデニングを始めるケースが目立っています」。こう話すのは、ハイポネックスジャパンの取締役 家庭園芸部部長の桑田真也氏である。

 同社では、ガーデニングに興味を持つ若い年齢層の増加を受けて、手軽で簡単に植物を育てられる製品の開発に注力。来春商戦に向けて、2021年春に3シリーズを新発売する。

ハイポネックスジャパン 取締役 家庭園芸部部長 桑田真也 氏(上)製品開発チーム チームリーダー 猪俣正道 氏(下)
取締役 家庭園芸部部長 桑田真也 氏(上)製品開発チーム チームリーダー 猪俣正道 氏(下)

 1つは、性質の異なる4種類の粒をブレンドした、ばらまくタイプの粒状肥料「花と野菜と果実の肥料」だ。「はじめて植物を育てる人に」がコンセプトの「Plantia(プランティア)」という新ブランドの第1号商品で、経験や知識の少ない人でも、手軽かつ簡単にガーデニングを楽しめる。

 同製品は、チッソ、リンサン、カリといった肥料の三大要素に加え、カルシウムなど微量要素、有機成分をバランスよく配合。その名のとおりさまざまな草花や野菜、果実の生育に適した製品に仕上げた。元肥と追肥のいずれにも対応するほか、夏に不足しがちなカリとカルシウムを多く配合することで、花や野菜が暑い夏を乗り越えるのをサポートする。

 「たくさん咲く!たくさん実る!」というキャッチフレーズどおり、与えるだけでよく育つ。同社の研究開発センターで行った一般的な化成肥料との比較実験では、マリーゴールドは花がよく咲き、キュウリ、イチジク、イチゴなどはよく実るとの良好な結果が得られたという。

 同社は、「Plantia」という植物を取り入れたライフスタイルを提案するWebマガジンを運営し、園芸愛好家から好評を得ている。今回、Webマガジンと同名のブランドを立ち上げることで、植物のある豊かな暮らしを幅広い人々に提案するねらいがある。今後は、Webマガジンと連携して有益な情報発信に取り組むほか、ターゲットとする園芸ビギナー層に向けた新しいプロモーションも計画中。また、ラインアップを拡充してブランド認知向上も図っていきたい考えだ。

ハイポネックスジャパン マリーゴールドでの植物試験
マリーゴールドでの植物試験

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media