消費財業界に求められるマーケティングの革新
顧客との信頼関係を築き企業価値向上へ

2022/06/02 16:08
Pocket

オムニチャネル時代に求められるマーケティング戦略

セールスフォース・ジャパンは、消費材(CPG)業界が抱えている課題を明らかにし、顧客との信頼関係の構築と企業収益の向上を両立させるためのソリューションに関するレポートを公開した。

CPG業界を取り巻く環境は、コロナ禍を契機に大きく変化しています。消費行動はリアル店舗でのオフライン消費に加え、消費者のデジタル化が加速する中でAmazon等のEコマース・オンライン消費へのシフトが加速。CPG業界はオムニチャネル化が進行する販売チャネルへの対応が必要になっています。

消費者の購買に関する価値観も変化しています。SDGsを始めエシカル消費やサステナブル消費に対する意識が高まり、企業の在り方や存在意義に対する関心も拡大しています。そのため、多くの企業は「企業価値向上」を目指して、売上を上げると同時に消費者との信頼関係を築き、長期的にブランド価値を高めていくマーケティング戦略への転換が急務な課題となっています。

消費者から共感を得られるマーケティング活動を実現

オムニチャネルの顧客体験への期待値を増々高めている顧客との信頼関係を生み出しながら、同時に収益を向上させていくためには、オフラインに加えて、オンラインのデータから消費行動と需要変化を把握して、迅速にマーケティング活動に生かすための戦略の再構築が求められています。

消費者とのデジタル接点が拡大している中で、消費財メーカーで利用するデータソースは16種類にものぼり、過去2年間で60%増えています。消費トレンドのサイクルが速まる中でスピーディーに最適なマーケテイング施策を実行するためには、消費者行動の全体像を把握するためのデータの統合が重要課題になっています。

本レポートでは消費財(CPG)業界において数多くのデータソースの統合を自動化して唯一の情報元(Single Source of Truth)を構築することで、データ分析による迅速な意思決定を支え、消費者から共感を得られる効果的なマーケティング活動やキャンペーンの最適化を実現するソリューションを紹介しています。

受付は終了しました

資料提供企業:株式会社セールスフォース・ジャパン

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media