コロナショックでホームセンターの株価が上がった理由と今後の課題

2020/05/29 05:55
椎名則夫(アナリスト)

新型コロナウイルスにより小売業界内で業態格差が大きくなった。株価を上げた企業にはコーナン商事、コメリ、DCMホールディングスなど大手ホームセンターが名を連ねる。そこで今回はホームセンター企業が株価を上げた背景と、アフターコロナ、ウィズコロナでの展望を考えてみたい。

コーナン
ホームセンター業態の中でも特に、株価が好調に推移するコーナン商事

株価が堅調なコーナン商事、コメリ、DCMホールディングス

 百貨店の不振、老舗アパレル企業の倒産…… コロナショックに襲われた企業の話題が続いているが、スーパーマーケットやドラッグストアと同様に株価が上昇している業態がホームセンターだ。

 主要なホームセンター企業の2月21日から5月22日までの3ヶ月間の株価騰落率を、5月22日の株式時価総額順に並べると次の通りとなる。

時価総額(億円) 3ヶ月株価騰落率(%)
DCMホールディングス 1161 6
コメリ 1371 15
ジョイフル本田 1310 2
島忠 1163 -9
LIXILビバ 1010 -3
コーナン商事 982 17
アークランドサカモト 455 -8
ナフコ 369 -11
東証株価指数 -12

 このようにホームセンター株は総じて堅調と言える。特にコーナン商事、コメリの株価上昇の大きさは注目される。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media