主要国の飲食料市場は30年に1.5倍、アジアは1.9倍に、農水省が推計

2019/04/02 11:10
ダイヤモンド・リテイルメディア社

農林水産省
3月29日、農林水産省が世界の飲食料市場規模の推計を公表した

 農林水産省が3月29日に公表した世界の飲食料市場規模の推計によると、主要34カ国・地域の2030年の市場規模は1364兆円と、15年に比べて1.5倍に拡大する見通しだ。地域別では、アジア(13カ国・地域、日本を除く)が1.9倍の794兆円に伸び、市場全体の約6割を占める。

 アジアの飲食料品市場の拡大をけん引するのは中国で、経済成長による食生活の変化で加工食品を中心に15年の265兆円から499兆円へと200兆円以上拡大しそうだ。人口増加が続くインドは2.2倍の104兆円に、インドネシアは2.1倍の48兆円になる見通し。

 経済協力開発機構(OECD)や国際通貨基金(IMF)、国連の統計資料を基に農水省が推計した。市場規模は生鮮品、加工品、外食の合計。

 国内の市場規模は今後、人口減少や高齢化の進展で縮小する見込みで、食料支出総額は2010年を100とした指数で、30年は97と3ポイント減少すると農水省では推計している。同省は19年に1兆円の農林水産物・食品の輸出を目標としているが、今後さらなる輸出拡大や食品産業の海外展開が必要だとしている。

世界の飲料市場規模推計
世界の飲料市場規模推計

関連キーワード:

© 2019 by Diamond Retail Media