絶好調オイシックス、22年3月期予想が上振れ期待大の理由と意外なライバルの登場とは

棚橋慶次
Pocket

オイシックス・ラ・大地(東京都/髙島宏平社長)が11月11日に発表した2022年3月期上期決算(連結)は、売上高561億6700万円(対前年同期比18.1%増)、営業利益33億4700万円(同15.8%減)、純利益21億5600万円(同12.1%減)と、増収減益に終わった。

オイシックスラ大地

新規PR等のコスト負担により増収減益

 減益の要因として同社は、新規PRなどのマーケティング投資や物流コスト負担増加を挙げ、収益を圧迫したとしている。売上高は約86億円の増加で、セグメント別では国内宅配3事業がそれぞれ、オイシックスが285億円(対前年同期比124%)、大地を守る会66億円(同93%)、らでぃっしゅぼーや87億円(同96%)の実績だった。そのほか、米国事業「パープルキャロット(Purple Carrot)」の売上高が55億円(同137%)、他社EC支援・保育園・上海香港エリア事業などその他事業が69億円(同155%)だった。

 第1四半期の業績が、売上高279億1100万円(同20.7%増)、営業利益19億5000万円(同6.1%減)、純利益12億9300万円(同9.3%増)だったことと比べ、第2四半期は成長の勢いが弱くなっている印象だが、業績が悪化しつつあるわけではない。昨年、コロナ禍による巣ごもり需要の追い風もあって急成長した反動もあり、やや一服したという印象だ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media