着用機会激減、オンライン採寸増える中、三陽商会オーダースーツブランドが対面接客にこだわる訳

2021/09/22 05:55
小内三奈
Pocket

2019年秋冬からオーダー専業ブランド『STORY & THE STUDYストーリー アンド ザ スタディー)』を展開している三陽商会(東京都/大江伸治CEO)。きめ細かい補正技術やスタッフの高い接客ノウハウを強みに、着心地まで重視したクオリティの高いビジネススーツを提供している。あくまでも初回は店舗での対面販売にこだわり、コンサルティング力の高さで勝負。細かい補正も追加料金一切なし、国内の縫製工場で対応する。『STORY & THE STUDY』の全貌と今後の戦略について、事業本部 コーポレート・エコアルフ ビジネス部 コーポレート第二課 課長 猿渡伸平氏に話を聞いた。

価格やトレンドではなく、ジャストフィット、着心地重視のビジネススーツを提供

STORY & THE STUDYの南青山サロン
STORY & THE STUDYの南青山サロン

―オーダーメイドブランドの中での『STORY & THE STUDY』の立ち位置は?

猿渡 低価格でカジュアルに着用できるオーダースーツを展開しているメーカーも多いですが、当社はあくまでもトレンドに左右されないオーソドックスなビジネススーツにこだわっています。一人ひとりにジャストフィットした、着心地の良いオーダースーツをご提供したいのです。

 カジュアルスーツであればオーダーメイドでつくる必要はないというのが私たちの考え。カジュアルなものはトレンドで着丈なども変わってきますが、高品質なビジネススーツは流行り廃りがない。何年、何十年たっても着ることができます。

 値段は49000円から、平均価格帯は79000円。決して安いとは言えませんが、『STORY & THE STUDY』は、あくまでもビジネススタイルのスーツで押していきたい。品質にこだわり国内工場で縫製してこの価格は、むしろ抑えられている方だと思っています。

―販売状況はいかがでしょうか?

猿渡 『STORY & THE STUDY』を立ち上げたのは2019年秋、銀座に直営店を出したのが最初です(現在は閉店)。その後すぐに新型コロナウイルス感染症(コロナ)が流行し始め、当初の想定通りには進んでおりませんし、ビジネスのポテンシャルがどの程度あるのかもまだ手探りというのが正直なところです。

 ただ、当社には20年前に立ち上げた『三陽山長』という高級ラインの国産シューズブランドがあり、すでに多くのお客さまに信頼いただいています。こちらも69000円となかなかの値段ですが、リモートワークの普及でビジネスブランドが苦戦している中、おかげさまでしっかりとシェアを維持できているんです。『三陽山長』のシューズを選んでくださるお客さまは、当然きちんとしたビジネススーツを着用されます。『三陽山長』のお客さまにも『STORY & THE STUDY』を少しずつ知っていただける段階にきており、スーツと靴をセットで選んでいただくケースも出てきています。

 コロナによって働き方が大きく変わって出社の機会が減り、スーツの需要が減っているのはたしかです。ただゼロにはなりません。たとえば週に1回、月に1回と出社するときに、スーツを着てオンとオフの切り替えをしたいという声も多く聞いています。「出社するときにはビジネススーツで」という需要は確実にあるはずです。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media