ブランド品の在庫を持たず、アートを展示 コメ兵の南青山サステナブル店舗が見据えるSDGsのかたち

2021/03/11 05:55
油浅健一
Pocket

ラグジュアリーブランドの買い取り・販売に強みを持つブランド品リユース大手のコメ兵ホールディングス(以下コメ兵HD)がさきごろ東京・南青山にサステナブル店舗「KOMEHYO AOYAMA」を出店した。建材に廃材を利用し、在庫を持たない同店舗は、これまでの店舗イメージとはまるで異なる。モノを売る場所というより、ギャラリーに近い同店舗が、同社の持続型経営をさらに推進するという。同店舗の出店を統括した同社執行役員マーケティング本部長の藤原義昭氏にその狙いを聞いた。

KOMEHYO AOYAMA
KOMEHYO AOYAMA

在庫なしで、アートを展示するギャラリーのような店舗

 美術館やブランドショップが点在する南青山エリアに立つ「KOMEHYO AOYAMA」。そのたたずまいは周囲に何の違和感もなく、しっくりとなじんでいる。1階が店舗で、2階がギャラリー。1階は店舗ながら、在庫を持たず、取り寄せ販売に特化しており、一見すると美術館と見まごうほどだ。

 同社にとって初となるリユースとアートを扱う同店舗は、1947年の創業以来継続するサステナブル経営を具現化する、そのものが循環型店舗となっている。例えば、店舗内装の98%は廃材のリサイクル。設置する家具や扱うアートも廃材から生まれたものだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media