若い女性の宅配物をのぞき見をするアルバイト店員に、なす術がないコンビニ店長

2019/09/25 05:32
神南文弥(じんなん ぶんや)

このシリーズは、部下を育成していると信じ込みながら、結局、潰してしまう上司を具体的な事例をもとに紹介する。いずれも私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。事例の後に「こうすれば解決できた」という教訓も取り上げた。今回は、コンビニエンスストアで起きた、アルバイトの疑惑の行為を紹介したい。

 

Peering into a box
Photo by mattjeacock

第21回の舞台:コンビニエンスストア

名古屋市内のコンビニエンスストア(店長以下、アルバイトは35人)

 

他の従業員が目撃するも、本人は覗き見を否定

 「一昨日も、彼はカバンの中を見ているようでした」

 「またか…」

 アルバイトのまとめ役の本田(32歳)が、店長の三笠(46歳)に伝える。数か月前、本田はほかのアルバイトから、よからぬことを聞いた。アルバイトの横田(36歳)が、お客から預かる宅急便の中身を誰もいないときに見ているといったものだった。

 狙われるのは、20∼30代の女性のお客だ。たとえば今回の場合だと、スキーに行くときに、宿泊先のホテルに送るバックを店に持ち込む。横田はレジで受け付けた後、バックオフィスへ運び、レジ付近に戻る。深夜、シフトを組むアルバイトがレジ付近にいて、お客がいないときを見はからい、バックオフィスでカバンの中を見ているようだった。

 もうひとりのアルバイトがバックオフィスに行くと、横田がしゃがみ込んでカバンの中を覗き込み、右手を入れている後ろ姿を見つけた。怖くなり、そのまま店内に戻った。そして、次回の勤務日に本田に、横田のことを伝えた。本田はすかさず、三笠に報告した。

 店長三笠はバックオフィス内の防犯カメラを確認したが、その時間帯には誰も写っていない。カバンすらなかった。本来、宅急便を集めておくべき場所にそのカバンだけがない。通常は、ほとんどないことだった。

 三笠は横田に直接確認したが、「そんなことはしていない」と一点張りだった。

 「バックオフィスでかばんに触ったことすらない」とも話す。三笠は、そこからさらに踏み込むことは避けた。

 だが、疑惑は残ったままだった。そして、数か月後、本田から同じようなことを聞かされた。三笠はどうするべきか、と考えあぐねていた。

次のページは
こうすればよかった!解決策

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media