人手不足で力関係が逆転 賞味期限切れ食品の“盗み”を黙認するコンビニ店長

2019/08/23 05:16
神南文弥(じんなん ぶんや)

このシリーズは、部下を育成していると信じ込みながら、結局、潰してしまう上司を具体的な事例をもとに紹介する。いずれも私が信用金庫に勤務していた頃や退職後に籍を置く税理士事務所で見聞きした事例だ。特定できないように一部を加工したことは、あらかじめ断っておきたい。事例の後に「こうすれば解決できた」という教訓も取り上げた。今回は、コンビニエンスストアのオーナー兼店長が人手不足のため、アルバイトの問題行為を知りながら何も言えない事例を紹介したい。

 

Photo by akiyoko
Photo by akiyoko

第16回の舞台:コンビニエンスストア

都内のコンビニエンスストア(店長以下、アルバイトは23人)

 

廃棄の弁当を盗むアルバイトに何も言えない理由

 北関東のとある町。5階建てマンションの1階に、コンビニエンスストアがある。 その裏に細長い倉庫がある。店の専用のものだ。

 午前9時45分、オーナーで店長の藤田(42歳)と妻でアルバイトの尚美(41歳)が話し合う。

 「また、数が足りないな…。昨晩10時過ぎに、賞期期限切れの商品をバックオフィスで数えたとき、おにぎりや総菜だけで30を超えていたのに、この段ボールの中にはその半分しかない」

 「(アルバイトの)大久保さんや松井さんが、家に持って帰ったのかな…。昨晩のシフトはこのコンビでしょう?」

 「うん。まぁ、賞味期限切れのものはどのみち、捨てるんだから構わないけど、こんなに持ち帰りが増えてくるとな…」

 店は、12年前にオープンした。当初から賞味期限切れの商品は、当日のアルバイトがペットボトルの開き箱に詰めて倉庫に入れる。1箱につき、20∼40の商品を詰め込む。 1日につき、3∼5箱になる。翌朝午前6時前後に箱を倉庫から取り出し、回収の車が来る直前に店の前に並べておくことになっていた。

 数年前までは特に問題なく、処理されていた。だが、最近、尚美が賞味期限切れの商品数と段ボールの数が合わないことに気がついた。商品数が足りないのだ。店長が数人のアルバイトにさりげなく確認すると、ほかの3∼5人のアルバイトが家などに持ち帰り、食べているのだという。その中核が、大久保や松井らしい。

 店長の藤田と妻の尚美が話していると、大久保が出勤してきた。昨日に続き、今日も出勤だ。 尚美が挨拶をすると、すました顔で「おはようございます」と答え、通り過ぎた。その背中を見ながら、藤田が口にする。

 「辞めてくれ、なんて言えないからな…」

 尚美が独り言のようにつぶやく。

 「だけど、なんかの問題に発展しない?」

 藤田は押し黙り、店に戻る。その後を尚美がついていく。

次のページは
こうすればよかった!解決策

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media