売上640億円突破!オイシックス・ラ・大地が積極的なM&Aを急ぐ理由とは?

2019/05/31 05:05
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

オイシックス・ラ・大地(東京都/高島宏平社長、以下、オイシックス)は521日、20193月期の決算と203月期の事業計画を発表した。193月期の連結業績は、売上高640億円(対前期比60.1%増)、営業利益23億円(同159.4%増)で売上・営業利益ともに過去最高を更新。昨年、らでぃっしゅぼーやの吸収合併を行ったオイシックスは、203月期もすでに米ミールキット宅配企業の子会社化や日本でDEAN&DELUCAをライセンス運営するウェルカムの関連会社化など、積極的なM&A(合併・買収)を進めている。事業規模拡大を図りながらオイシックスが向かう先とは――

オイシックス・ラ・大地の高島宏平社長
オイシックス・ラ・大地の高島宏平社長

M&Aにより当期純利益が大幅に伸長

 好業績の主な要因は、大規模なプロモーション活動により主要ブランドであるOisixの会員数が大幅に増えたことによる。Oisixの会員数は205976人(前年同期比21.4%増)、そのうちミールキットを宅配する「Kit Oisix」コース会員は111169人となり、前期と比較して56.3%も増加した。

 また、らでぃっしゅぼーやの吸収合併による法人税軽減効果や、同社業績が13カ月分計上されるなどのM&Aによる特殊要因により、当期純利益は23.8億円(同906.4%増)となった。

 らでぃっしゅぼーやの吸収合併によって売上・利益とも急拡大したオイシックスだが、今期も積極的なM&Aを行う姿勢を鮮明にしている。オイシックスはどのような事業拡大戦略を描いているのか。直近でM&Aもしくは提携関係を結んだ企業の特徴を見ながら分析していきたい。

次のページは
強みを生かして 他社との相乗効果をねらう

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media