オイシックス21年度3Q増収減益 新物流センターでのトラブルはなぜ起こったか?

棚橋 慶次
Pocket

オイシックス・ラ・大地(東京都/高島宏平社長、以下:オイシックス)が発表した2022年3月期第3四半期連結決算は、売上高874億円(対前年同期比117%)、EBITDA(支払利息・償却費控除前利益)64億円(同89%)、営業利益50億円(同81%)、純利益33億円(同87%)と増収減益に終わった。

オイシックスラ大地

全体としては好調維持

 決算の概要を見てみると、主力の国内宅配3事業(オイシックス・大地を守る会・らでぃっしゅぼーや)がARPU(Average Revenue Per User:顧客一人当たり月単価)の減少を会員数増でカバー、米国のヴィーガンミールキットブランドであるパープルキャロット(Purple Carrot)やその他事業も売上増に寄与した格好だ。クオーター別にみると第3四半期の売上は312億円で、前年同期比で15%伸びている。第2四半期が16%増だったことからも、高い成長性をおおむね維持しているといえる。

 セグメント別売上実績は、国内宅配3事業はオイシックス452億円(同122%)、大地を守る会102億円(同94%)、らでぃっしゅぼーや133億円(同98%)の実績だった。そのほか、Purple Carrotは79億円(同124%)、他社EC支援・保育園・上海香港エリア事業などその他事業は112億円(同155%)と好調を維持した。

 このように第3四半期の業績はまずまずだったオイシックス。22年3月期通期予想をみる前に、今年早々に起きた物流トラブルについて触れておきたい。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media