コロナ禍でも堅調なアルペンが取り組む、業界初の接客DXの可能性

Pocket

スポーツ用品小売業界で初のスタッフDX化サービスを導入

 アルペンは、スタッフをDX化するアプリケーションサービス「STAFF START」を導入している。これは、スポーツ用品小売業界で初めての試みだ。

アルペンは店舗スタッフをDX化する「STAFF START」を導入
アルペンは店舗スタッフをDX化する「STAFF START」を導入

 同サービスは、バニッシュ・スタンダード(東京都/小野里寧晃CEO)が提供する、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするサービス。スタッフのDX化とはつまり、スタッフの接客をデジタルツールの活用により、オンラインで提供することだ。

 たとえば、アパレル企業でもよく利用されている「コーディネート投稿機能」は、店舗スタッフが撮影したコーディネート画像に商品情報などを紐づけ、ECサイトやSNSに投稿する機能。投稿を通じて商品紹介やコーディネート提案といった接客を行うことができる。

 ファッションアパレルと異なり、スポーツ用品は、スポーツ特有の激しい動作に順応し、汗をかいても快適に過ごせる高い機能性、何度も繰り返し使用できる耐久性を有しており、商品選びに専門知識が必要となる。結果として、顧客は商品選びのための情報収集に多くの時間を要することになる。

 その点で、スタッフのDX化による「リモート接客」は、リアル店舗でしか受けられなかった専門知識を有する店舗従業員の代替として有益であり、より気軽にショッピングを楽しめるため、高い販促効果が期待できる。

1 2 3

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態