年1.8%減に上方修正=7~9月期GDP改定値―民間予測

時事通信社
Pocket

東京都内の高層ビル群
〔写真説明〕東京都内の高層ビル群(AFP時事、資料写真)

 民間シンクタンク10社による7~9月期実質GDP(国内総生産)改定値の予測が4日までに出そろった。平均値は前期比0.5%減と速報値と変わらず。この成長が1年続いた場合の年率換算では1.8%減(速報値は2.1%減)となり、設備投資などの上振れで上方修正を見込んだ。改定値は8日に内閣府が発表する。

 設備投資は0.5%減(同0.6%減)。財務省が1日発表した7~9月期の法人企業統計調査で、金融業と保険業を除いた全産業の設備投資額が前期比1.4%増(季節調整済み)と2四半期ぶりのプラスだったことを反映した。 

 民間在庫の変動がGDPに与える影響(寄与度)も0.2%減(速報値は0.3%減)とわずかに上振れする。公共投資は0.7%減(同0.5%減)と下方修正を見込む。 

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態