9月消費者物価、2.8%上昇=電気・ガス代下落で伸び鈍化―総務省

時事通信社
Pocket

スーパーを出る客
〔写真説明〕スーパーを出る客=東京都内(AFP時事)

 総務省が20日発表した9月の全国消費者物価指数(2020年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が105.7と、前年同月比2.8%上昇した。上昇は25カ月連続。食料は高い伸びが続いたものの、政府の負担軽減策などで電気・ガス代が下落し、上昇率は前月の3.1%から鈍化した。2%台に下がるのは22年8月以来、13カ月ぶり。

 電気代は24.6%、都市ガス代は17.5%それぞれ低下し、いずれも比較可能な1971年1月以来、過去最大の下げ幅となった。燃料価格などの下落傾向が続いていることも押し下げ要因となった。 

 生鮮食品を除く食料は8.8%上昇。前月の9.2%上昇より伸び率は縮小したが、原材料価格や飼料価格の上昇などで、幅広い品目で高い伸びとなった。

 生活実感に近い生鮮食品を含む総合指数は3.0%、生鮮食品とエネルギーを除く総合指数は4.2%、それぞれ上昇した。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態