GDP改定値でも需要超過=4~6月期、プラス0.1%―内閣府推計

時事通信社
Pocket

内閣府の看板
〔写真説明〕内閣府の看板(時事通信社)

 内閣府は19日、日本経済の需要と潜在的な供給力の差を示す「需給ギャップ」について、2023年4~6月期はプラス0.1%の需要超過となったとの推計を発表した。推計に用いた同期の実質GDP(国内総生産)改定値は年率換算で前期比4.8%増と、速報値(6.0%増)から大きく下方修正されていたが、需給ギャップはプラスを維持した。

 需要不足の解消は19年7~9月期以来、15四半期(3年9カ月)ぶり。金額に換算すると年1兆円程度の需要超過になる。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態