ファミマ、仮想現実で店舗従業員の研修実施 60時間の削減効果

Pocket

ファミマの仮想現実で実施する店舗従業員の研修
VR映像を見ながら臨場感のある店舗オペレーションを体験学習できる

 ファミリーマートは3月から順次、仮想現実(VR)技術を活用した店舗従業員の研修プログラムを開始した。InstaVR(東京都港区)が提供するシステムを活用し、店舗従業員のスキル向上と研修の効率化を図る。

 VRを使った研修プログラムはレジ操作など全ての店舗オペレーションマニュアルに対応しており、店舗従業員が自己学習することができる。臨場感のある店舗オペレーションを体験学習できるほか、各研修コンテンツを受講後に理解度テストを行うことで、短時間でのスキル修得を支援する。

 店長が同席しなくても研修を進められ、InstaVRの管理システムで各従業員の進捗状況を把握できる。全ての研修コンテンツは日本語のほか、英語、中国語、韓国語、ベトナム語など10カ国語に対応しており、外国人スタッフも自己学習が可能だ。

 2020年度入社の新入社員の店舗研修でVR研修プログラムを導入したところ、修得にかかる時間を3分の1に短縮でき、教える側と学ぶ側を合わせて1人当たりの教育時間を約60時間削減できたという。

 VR研修の利用は申込制で、申し込みを受け付けるとInstaVRが必要な機器などを店舗へ納品する。店舗側は月額のレンタル料を支払う。

 

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態